スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

カンジダ菌

カンジダ症

「カンジダ症」にかかったことが分かった時、
パートナーにいうべきでしょうか?

答えは「Yes」です。

女性から男性へ感染する可能性はかなり低いので、
パートナー二人で検査を受ける必要性はほとんどありませんが、
女性がカンジダ症に何度も再発した場合、
パートナーの男性も一緒に検査し、治療をうけることをオススメします。

⇒ http://123direct.info/tracking/af/259197/W6E0YG38/

実は、とても怖い話なのですが、カンジダ症の影響で、粘膜や外性器、
子宮内膜などに病変がある場合には無い場合と比較してHIVに感染しやすく
なります。

カンジタ菌は、カビ菌

カンジタ菌は、カビ菌で真菌とされています。
カビ・・・そう考えてイメージするとより注意を促してくれるキッカケと
なると思います。

なぜかというと、悪いカンジダ菌の動きにより膜がタダレれて
防御バリアが破壊されて、その場所からHIVが侵入しやすくなるからです。

免疫力の低下・・・
腸内細菌の善玉菌が、少なくなっていて抗体が出来ない状態に
なってしまうからです。

カンジダ菌」が暴れて、「カンジダ症」を引き起こし
免疫力が低下している状況で、医師からの抗生物質などの薬を飲んでいる場合

悪玉菌を殺す為のものが一緒に善玉菌も殺してしまうことによって
体内を守る善玉菌が減少しているので、細菌が体内へ入り安くなっています。

お二人で気をつける予防策としては、性病ももちろんそうですが、
やはり基本的にコンドームをつけるということ。

刺激性の強い膣洗浄剤を使用しないこと

膣洗浄しすぎないこと(良い菌まで洗い流してしまうからです)。

不潔になりやすい男性器の先端を清潔に保つことなどです。

ただ、基本的に性行為によって感染するカンジダ症のしめる割合は
5%程と低いレベルだと知っておいてください。

ですので、日々の注意が大事だということを覚えておきましょう。
そして、パートナーとの絆を深めてくださいね。

⇒ http://123direct.info/tracking/af/259197/W6E0YG38/

カンジダ症は、カンジダ菌が大暴れしています!

あなたは「腸内洗浄」という言葉と聞いたことがありますか?
腸内にある老廃物を排出してデトックス、細胞を活発化させて
身体全体を綺麗にしていきます。

カンジダ症改善方法として、その腸の働きを良くしてあげることが
実は大事だと言われています。

これは驚きですよね。カンジダ菌は消化器官や粘膜や湿度の高い所を
好みます。腸内に静かに棲んでいるのですが
何かのキッカケを得て、大暴れしてしまいます。

それが「カンジダ症」として色んな体の部分に発症します。

腸は免疫の約80%を占めている大事な場所だと言われているのですが
善玉菌が減少することによって
悪玉菌が猛威を振るってきます。

なので、単純に考えてみても
腸内の悪玉菌を減らす環境の改善が必要になってきます。

カンジダ菌」を静かにさせる1つの方法として、

よい乳酸菌の摂取があげられますが
よい乳酸菌を増やす=善玉を増やすことなんですねー。

乳酸菌の入っている食べ物は、ヨーグルトや乳酸菌飲料だけでは
なく、みそやしょうゆ、漬物なども乳酸菌のはたらきを利用して
作られているんです。

あと、韓国で食べられているキムチも、多く含んでいますね。
乳酸菌は腸のはたらきを活発にして、便秘解消に役立つほかにも、
腸内の有害な菌の繁殖を食い止めて、免疫力を高めて病気予防
をしてくれます。

毎日の食生活に乳酸菌を積極的に取り入れるようにして、
抗菌退治していきましょう。
⇒ 免疫力を高めて予防

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析