スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

クレンジング

クレンジング

  • オイル
  • ジェル
  • クリーム
  • 乳液
  • ミルク
  • 泡タイプ

などクレンジング剤にはさまざまな種類があります。

クレンジング剤はメイク汚れを落とすために、
ある程度の強い洗浄力が必要です。

皮膚への刺激が大きいアイテムもあります。

クレンジング剤と洗顔剤の「ダブル洗顔」が習慣

「ダブル洗顔」が習慣になっている人も多いようですが、
ノーメイクの場合はもちろん薄いメイクなら通常の洗顔だけで十分です。

クレンジング剤は、必要がなければ使わないに
越したことはありません。

落としきれない感じがするときは、もう一度
洗顔すると良いと思います。
注意したいのは、その際、''石鹸などの刺激の少ない
洗顔剤を使うことです。''

クレンジングに使われている乳化剤(界面活性剤

界面活性剤 は、当然、強いものなので、肌に長くつけていると
皮脂がたくさん奪われ、皮膚のバリア機能を傷つけてしまいます。

クレンジング剤を使う場合は、できるだけ早くすませるべきです。

メイクは早く、やさしく、軽く落とす

アイシャドウ・マスカラ、落ちにくい口紅など
しっかりしたメイクをした場合は、クレンジング剤が必要ですが
気をつけて欲しいのは「クレンジングで完璧に落とそうとしないこと」

クレンジングは、口紅やファンデーションなどのメイク汚れを
あくまでも、軽く落とすためのものと考えて下さい。

しっかり落とそうとすると、必然的にクレンジングの時間が
長くなります。
更に、力を入れてこすったりすれば、その摩擦が肌刺激につながります。
すすぎの時も、クレンジング剤のぬるつきを完全に
とろうとすると、必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。

クレンジング剤を肌にのせたら、手早く、やさしく、
指の腹ですべらせるだけで、汚れは落とせます。

素早くぬるま湯か水ですすぐ

メイクとクレンジングがなじんだら、すばやくすすぎましょう!

あとで洗顔するので、少々ぬるつきが残っていても
ゴシゴシこすったりしてはいけません。

コットンで拭き取るタイプのクレンジングも摩擦が強いので
NGです。

クレンジングの選ぶポイントは?

いろいろクレンジング剤は出ていますが、
敏感肌の方も普通の方も、まず、基本は低刺激のものを
選ぶことをおすすめします。

よく、オイルタイプは良くない、ミルクタイプはやさしい
など言われますが、要は、使われている乳化剤の種類や
配合量次第です。

クレンジング剤は洗浄力より低刺激

「このタイプなら安全」など安易に決めつけず、
気になる成分が入っていないかどうか?
実際に使ってみた感触はどうかで判断したほうが良いと
言っている人もいます。

オイルタイプのクレンジング剤が多い

オイル系のクレンジング剤が多いのは、油性の汚れが
簡単に落とせるからです。
ただ、ほかのタイプよりも多めに乳化剤(界面活性剤)
を入れる必要があるので、刺激を敬遠される傾向にもあります。

ただ、同じオイルクレンジングでも、
マカダミアナッツ油(皮膚に近い成分といわれる)など
天然オイルを組み合わせたり、配合する保湿成分を工夫したり
乳化剤の量を減らしたりして、マイルドに作られたものも
増えてきました。

これは、当然のことですが、刺激を抑えようとすれば
洗浄力も限られます。

落ちない口紅、マスカラといった強力なメイク用品を
使わないことも大切なのかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析