スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

シミの種類

シミの種類

しみには種類があることを知っておく必要があります。
対処法があるからです。

茶色・黒色した肌の上にできたもの

厳密な定義がないようです。
基本的に顔や体にできた茶色ぽく見えるものを指すようです。

まずは自分のシミをチェック

[check]老人性色素斑
どんなものか?

「シミ」と呼ばれる中で、一番多いのがこれです。
紫外線の影響でできることが多く、1cm大
くらいまでの丸い色素斑ができ、薄い茶色から
次第に濃くはっきりとしてきます。

何年も経過しないうちに、隆起してくるものもあります。

治療法は、ごく初期のものであれば、美白化粧品でも有効です。
はっきりしたものは、レーザー治療で治します。

[check]脂漏性角化症
どんなものか?

老人性色素斑が次第にイボのように盛り上がってきたもの
をいいます。
表面はボツボツしていて、手の甲などにできる茶色い
シミもこれに相当する場合が多いです。

治療法はレーザー治療でないととれません。

[check]雀卵斑(ソバカス)
どんなものか?
一般的には小さいシミのことをソバカスと呼んでいます。
厳密には、遺伝的なもののみソバカスといいます。

10代のころからでき始め、小さい茶色い色素斑が
鼻を中心に散らばるようにできます。

白人に多い傾向がありますが、日本人も色白の人
に比較的多く見られます。

治療法はレーザーで治療すればきれいに取れますが
美白化粧品の効き目はないようです。

[check]炎症性色素沈着
どんなものか?
ニキビの痕や傷の痕などが茶色くシミになって残ったものです。
足にできた虫刺されがしばらくたっても消えないことが
ありますが、これも同じものです。

ムダ毛処理等で毛穴のまわりが黒くなりこともありますが
これも炎症性色素沈着です。

消えるまでに2~3年かかるケースもあり
また、その間に日焼けしてしまうと消えなくなることもあります。

治療法は、早く消すにはピーリングがとても有効です。
また、美白化粧品を併用することもおすすめです。

[check]肝斑
どんなものか?

頬骨の部分に、モヤモヤと左右対称にできることが多く
色は茶色、灰色などさまざまにあります。

鼻の下や額にでることもあるようです。

女性ホルモンのバランスが崩れると出やすいと言われています。
実は、男性にはほとんどできません。

妊娠中、ピルの服用時、更年期の人によく見られるようです。

レーザー治療は不向きで、トラネキサム酸という
薬を数カ月服用して直していきます。
薄くなることが多いようです。

ピーリングや美白化粧品も有効です。
内服と併用するとより早く効果を実感できます。

[check]花弁状色素斑
どんなものか?

海や山で急に日焼けしたあとに
肩から背中にかけてできる小さなシミで、
よく見ると花びらのような形をしています。

レーザー治療が確実で、そのほかの治療で消すことは
難しいようです。

レーザーでとれるシミ とれないシミ

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析