スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸

使用減少 洋食に多く、

心疾患の原因/原料シフト「飽和」は増加

取りすぎると心疾患のリスクが高くなるといわれる
トランス脂肪酸の健康影響評価を、
内閣府・食品安全委員会がまとめた。

海外で表示を義務化する動きのある
トランス脂肪酸の含有量は大幅に減ったが、
飽和脂肪酸が増えていることが分かった。

脂肪の取り過ぎに引き続き注意することが大切

トランス脂肪酸

パイや菓子パン、ケーキ、カレールーなどに多く含まれる。

和食や中華に比べ、ピザ、ハンバーガーなど洋食に多い
多く摂取すると悪玉コレステロールを増やして
善玉コレステロールを減らし、心筋梗塞(こうそく)など
心疾患が増えることが分かっている。

WHO(世界保健機関)は

03年、
トランス脂肪酸の摂取量が総エネルギー摂取量の
1%未満になるよう勧告。

 
消費者の関心の高まりから、
企業はトランス脂肪酸の低減を進めている。

食品安全委が昨年、
マーガリンやショートニングなど30品目を調べたところ、

06年度の40品目に比べ19~95%減少。

特に業務用ショートニングで9割前後も減った。

 

この結果、
ショートニングをよく使う外食産業でも低減化が著しい。

4年前から取り組むミスタードーナツでは
ドーナツ1個当たりのトランス脂肪酸の含有量は約1~1・5グラムから0・25グラムになった。

日本ケンタッキー・フライド・チキンも
過去5年間でチキンでの含有量を16分の1に減らした。

 

そもそも日本人のトランス脂肪酸の摂取量は多くない。

食品安全委が国民健康・栄養調査(03~07年)で
約3万2400人を解析したところ、

1日の平均摂取量は約0・67グラム。

エネルギー比は平均0・31%だった。

トランス脂肪酸をよく取る上位5%のグループで
摂取比率を推定すると、

15~29歳の層で約0・8%前後と高かった。

ケーキ類を好む女子大生など若い層では1%を超えるケースがあった。

 
とはいえ、脂肪分の多い食事を取る欧米とは比べものにならない。

[check]米国1・9~2・6%、

[check]英国1・2~2・2%、

[check]フランス1・1~1・2%、

[check]ドイツ0・8~0・9%と、

日本の3~8倍程度にあたる。

 

食品安全委の
山添康・新開発食品専門調査会座長(東北大教授)は
「日本人は平均的には問題ないレベルだが、

男女とも15~29歳の層は比較的高い。
洋菓子類の食べ過ぎには注意が必要だ」と話す。

     

 

新たな懸念は、飽和脂肪酸が増加。

マーガリンやショートニングに含まれる飽和脂肪酸を調べると、

業務用ショートニングでは、06年に比べ約2倍になっている。

飽和脂肪酸の多い
パーム油が原料として多く使われるようになったからだ。

大手のミヨシ油脂も「パーム油への切り替えが主な要因」とみる。

トランス脂肪酸の削減を求める消費者の声を受けた流通業者の要望で、
企業が原料を見直しているのだという。

 
飽和脂肪酸も洋菓子や揚げ物、肉類に多く含まれ、
動脈硬化の原因になる。

島崎弘幸・人間総合科学大教授は「トランス脂肪酸だけではなく、
脂肪全体の取り過ぎに注意しないと
糖尿病や肥満の原因になる」と話す。

油脂の研究で知られる菅野道広・九州大学名誉教授も
トランス脂肪酸による日本人の心疾患リスクは小さい。
各種栄養素をバランスよく食べることが健康維持の原点だ」と強調する。

 

原料シフトで別の気がかりも生まれている。

「パーム油への需要が高まると熱帯雨林が伐採され、
生物多様性が失われる」。

丸山武紀・日本食品油脂検査協会理事長は懸念する。

食品の確保と生態系への配慮との両立が課題となりそうだ

トランス脂肪酸

(トランスしぼうさん、trans fat、trans-unsaturated fatty acids、TFA)は、
構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。
トランス型不飽和脂肪酸(トランスがたふほうわしぼうさん)、
トランス酸(トランスさん)ともいわれている。

トランス脂肪酸は・・・

天然の植物油にはほとんど含まれず、
水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で発生するため、
それを原料とする

マーガリン

ファットスプレッド

ショートニング(食パンによく見られます)

などに含まれる。

多量に摂取すると
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)
を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、

2003年以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を
規制する国が増えているようです。

トランス脂肪酸は、

自然界には反芻(はんすう)動物(ウシ・ヤギなど)
の肉や乳に含まれているようです。

トランス脂肪酸が反芻動物の体内で
微生物により産生されるためであり、
その結果として反芻動物の肉や乳の脂質のうち2〜5%を占めてます。

天然のトランス脂肪酸として、共役リノール酸やtrans-バクセン酸
などがあるようですが、これらの天然のトランス脂肪酸
天然の不飽和脂肪酸の中にわずかに含まれており、
乳製品であるバターなどにもわずかに含まれています。

人工のトランス脂肪酸

不飽和脂肪酸から飽和脂肪酸を製造するための水素化や、
不飽和脂肪酸を多く含む植物油の精製の際に、
副産物として生じています。

そのため、不飽和脂肪酸を多く含む油脂を水素化して
製造するマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングには
数%から十数%含まれます。

不飽和脂肪酸が空気酸化されると・・・

ヒドロペルオキシ不飽和脂肪酸

エポキシド脂肪酸

など過酸化脂質が生成します

そしてヒドロペルオキシ不飽和脂肪酸は
動脈硬化の原因のひとつと考えられている為
取り過ぎは体に良くないということです。

*Wikipediaより

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析