スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

厚生労働省 旧表示成分

旧表示指定成分

合成香料・調合香料

化学物質過敏症やアレルギーを引き起こす原因

香料は一つの香りを作るのに
複数の化学物質を調合して作るのが一般的です。

その為、成分表記には使用した化学物質を表記しきれず
「香料」 とだけ掲載されています。
危険性の高い化学物質が添加されていても
消費者にはわからないのが現状なのです。

合成香料・主な使用商品

  • 歯磨き粉
  • マウスウォッシュ
  • 薬用せっけん
  • ハンドソープ
  • 洗顔料
  • クレンジング
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディーシャンプー
  • 入浴剤
  • スキンクリーム
  • 乳液
  • ファンデーション
  • 口紅
  • 制汗スプレー

安価な理由から市販の化粧品に多く使われています

毒性

物質にも異なりますが、変異原性、皮膚障害、喘息、
アレルギーを引き起こすものも含まれます。

この名前にピン!ときたら要注意

殺菌防腐剤

皮膚腐食性があり、皮膚炎や過敏症をおこす可能性も。

殺菌防腐剤発生症状・危険性
  • | ウンデシレン酸及びその塩類 | 飲むとめまい、頭痛、腹痛を起こす
  • | 塩化セチルピリジニウム| 多量に飲み下すと致死性等
  • | オルトフェニルフェノール |皮膚、粘膜を腐蝕し、変異原性がある
  • | クロラミンT| 皮膚、粘膜を刺激し、アレルギー症状
  • |クロルフェネシン |刺激性が強い
  • |サリチル酸及びその塩類| 皮膚から吸収され、皮膚、粘膜を刺激
  • |デヒドロ酢酸及びその塩類| 飲み下すと嘔吐、痙攣、ひきつけ 等
  • | パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)| 接触皮膚炎、アレルギー性湿疹
  • |フェノール| 皮膚、粘膜を強く刺激し、皮膚発疹
  • |N,N”-メチレンビス(N’-(3-ヒドロキシメル-2.5-ジオキソ-4-イミダゾリジニルウレア)| 毒性は弱いが、アレルギー症状
  • |ウンレシレン酸モノエタノールアミド|飲み下すとめまい、頭痛、腹痛を起こす
  • |塩化ベンザルコニウム| 眼に入るとアレルギー性結膜炎
  • |塩酸アルキルジアミノエチルグリシン| 発育停滞、クレアチン尿症、白血球減少
  • | グルコン酸クロルヘキシジン| まれに発疹、不快感、めまいなどの過敏症状
  • |クロルキシレノール| 皮膚、粘膜を強く刺激し、皮膚発疹を生じる
  • |クロロブタノール| 多量だと精神錯乱、心臓機能低下
  • |1,3-ジメチロール-5,5-ジメチルヒダントイン |毒性は弱い
  • |チモール| 皮膚アレルギー反応
  • |トリクロサン |毒性は弱い
  • |パラクロルフェノール |皮膚、粘膜を強く刺激し皮膚発疹を生じる
  • |ヘキサクロロフェン| 皮膚に吸収されて色素沈着
  • |ラウロイルサルコシンナトリウム| 毒性は弱い
  • |安息香酸及びその塩類 |皮膚、粘膜、眼、鼻、咽喉に刺激
  • |イソプロピルメチルフェノール| 皮膚発疹、吹き出物などを生ずる
  • |塩化ベンゼトニウム| 飲み下すとむかつき等皮膚毒性は弱い
  • |塩酸クロルヘキシジ| 強いアルカリ反応を示す。皮膚毒性は弱い
  • | クレゾール| 皮膚発疹、吹き出物などを引き起こす
  • | クロルクレゾール |皮膚吸収され、発疹や吹き出物 等
  • |5-クロロ-2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン| 毒性は弱いが、アレルギー症状 等
  • |臭化アルキルイソキノリウム |毒性は弱い
  • |チラム| 皮膚、粘膜、胃、喉を刺激する
  • |トリクロロカルバニリド| 毒性は弱い
  • |ハロカルバン| 毒性は弱い
  • |レゾルシン |皮膚、粘膜を刺激する。アレルギー反応
  • |ソルビン酸及びその誘導体 |環境中の亜硝酸と反応して発ガン性

酸化防止剤

皮膚腐食性があり、皮膚炎や過敏症をおこす可能性も。

酸化防止剤発生症状
  • |カテコール |皮膚に腐食性がある
  • |ジブチルヒドロキシトルエン| 皮膚炎、過敏症。発ガン性の疑い
  • |ピロガロール| 皮膚からの吸収により中毒死の疑い
  • |没食子酸プロピル| 体重減少、成長遅滞、前胃に増殖 等
  • |酢酸dl-a-トコフェロール| 毒性は弱い
  • |dl-a-トコフェロール| 毒性は弱い
  • |ブチルヒドロキシアニソール |飲み下すと、歩行失調、呼吸亢進 等

紫外線吸収剤

皮膚から吸収されて、急性致死中毒をおこす可能性がある。

紫外線吸収剤発生症状
  • |オキシベンゾン| 皮膚から吸収され急性致死毒性がある
  • |シノキサート| アレルギー性皮膚発疹を起こす
  • |グアイアズレン| 毒性は弱い
  • |パラアミノ安息香酸エステル |過剰投与で、薬物発疹、中毒性肝炎 等
  • |サリチル酸フェニル| 皮膚、粘膜を刺激、腐蝕し発疹をおこす
  • |2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)-ベンゾントリアゾール| 毒性は弱い

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析