スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

界面活性剤

界面活性剤とは

油と水を混ぜやすくする物質
クリームや乳液をつくるときに用いられます。
(この場合、乳化剤と呼ばれています)

クレンジング剤や洗顔料にも含まれている

油性の汚れを水で洗い流す為の役割をするものです。
界面活性剤は、使いすぎると肌のうるおいを奪うと言われています。
使いすぎには、注意が必要です。

使い心地がいいのは合成界面活性剤のおかげ

ほとんどの化粧品には乳化剤は入っている

化粧品の歴史=界面活性剤の歴史といわれるぐらい・・・
本来、水と油は、混じり合わない物質です。
しかし、界面活性剤は親水基(水になじむ部分)疎水基(水に反発する部分)を合わせ持ち、
水と油を混ぜる(乳化する)ことができます。

クレンジング剤や乳液、クリームなどは、水と油を界面活性剤
混ぜて作ったものなので、成分のほとんどを水で占めている
化粧水でも「○○油」「○○オイル」といった成分が書いてあれば
たいてい界面活性剤が使われています。

天然のものの能力には限界

天然ものには、石鹸カスがでるという問題がありました。
天然の界面活性剤である石鹸の乳化力はあまり
強くないので、洗顔によって皮膚のバリア機能が
壊れることがありません。
ただ、その分洗浄力も弱いので、汚れをしっかり落とせない場合も
あります。

浸透させる化粧品

優秀・抜群さゆえの問題

化粧水美容液のような液体も、成分表示はいろいろな物質
の名前が書いてありますが、透明で沈殿物もありません。

これは、合成界面活性剤が物質を細かく均一に分散している
からです。
ファンデーションやチーク、口紅などのメイク用品も、油に
色素の粒子を分散させてつくるそうです。
[check]「のびがいい」
[check]「キメの細かい肌に仕上がる」

というものも、合成界面活性剤のおかげなのです

強い乳化力が肌のバリアを壊す

界面活性剤 は、水と油を混ぜて乳化させます。

皮膚の皮脂という油で覆われているので
界面活性剤 を使えば皮脂も乳化されます。
つまり、皮脂によるバリア機能が傷つけられてしまうのです。

他でも述べたように、皮膚のバリア機能が傷つくと
外部刺激を受けやすくなり、皮膚トラブルの原因になります。

水分が蒸発して乾燥肌になったり、肌が過剰に皮脂を出そうとして
ニキビができることもあります。

合成界面活性剤で常在菌が減ってアトピーの原因に?

洗顔でしっかりすすいだつもりでも、皮膚には洗浄成分が
わずかに残ります。

皮膚には、脂肪酸をつくって皮膚環境を守る常在菌がいて
それらは、皮脂や古くなった角質、残った石けん成分を
栄養ににしています。

その為、石けん洗顔なら成分が皮膚に付着していても、
常在菌が消化してくれるのです。

一方、合成界面活性剤は、石けんより皮膚への残留率が高い上に
常在菌も食べてくれません。
しかも、皮脂を過剰に奪うため、菌のエサがなくなってしまいます。
皮膚に必要な常在菌が減ると、皮膚環境を乱す悪玉菌が繁殖し、
それが、ニキビやアトピー性皮膚炎の原因になるとも言われています。

「価格」「簡単さ」よりも「質」で選ぶことが大切

総合的に考えると界面活性剤は、量が多いと誰にでも悪影響が
でますので、無添加の化粧品に切り替えていくべきなのかもしれません

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析