スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

紫外線/UVケア

紫外線/UVケア

美肌を保つ!正しいお手入れ方法とは・・・

UVケアはしていたのに、秋になる頃に「肌がくすんでいる・・・」
「なんだかハリ不足」そんな経験ありませんか?

実はその原因「うっかり日焼け」にあるかもしれません。

秋に泣かない為にも、毎日の肌のお手入れをしっかり見直しましょう!

「うっかり日焼け」をするのはどんな時でしょう?

毎日の生活の中で、気付かないうちに紫外線ダメージを受けて
「うっかり日焼け」になってます。

[check]洗濯中に・・・
ほんの10分・・・・でも1カ月で計算すると10X1カ月(30日)=300分
つまり、5時間も紫外線を浴びていることになります!!

[check]運転中も・・・
油断しがちな車内にも、紫外線量は約55%もあると言われています。
近所への移動時も油断禁物です!

[check]室内でも・・・・
室内にいても安心はできません。
窓際の紫外線量はなんと約80%と言われています。

※直射日光を100%とした場合

紫外線のひとつ、UV-Aはガラスも通り抜けるので、
室内でも日焼けしてしまいます。

UV-Aでの日焼けは

「サンタン」を引き起こします。

「サンタン」とは・・・
日焼けには「サンバーンとサンタン」の2種類があり
肌に現れる症状にも違いがあります。

[check]UV-Bが原因となる日焼け
肌が赤くなる
(日焼けして数時間後のに現れ、数日でピークを終える。
皮膚の炎症を引き起こして、シミの原因になります。)

[check]UV-Aが原因となる日焼け
肌の色が黒くなる
(数日後に現れて肌の真皮に到達して
色素沈着を起こし、シミの原因に。コラーゲンを破壊して、ハリ不足の原因にもなります。

では、「うっかり日焼け」してしまったら・・・

日焼けをした時は、身体の内側と外側から
アフターケアを行うことが大切です。
その日のうちにしっかりお手入れをして、シミやハリブ不足を防ぎましょう!

気になる方法は・・・

食事で身体の中からケア
メラニン色素の生成を抑える

フルーツはビタミンCたっぷり♪

ビタミンCはシミの予防に効果的

熱に弱く、水に溶けやすいため、イチゴ・グレープフルーツ・オレンジ等
柑橘系のフルーツを搾ってジュースにし、摂取するのがオススメ・・・

抗酸化作用のあるビタミンE・カロテン

ビタミンCとビタミンE・カロテンをいっしょにとると
肌の回復力が高まります。
ビタミンEは熱に弱いため、アボガド・しそ・大豆・ゴマ・ナッツ類
をサラダにして生で食べると効果的です。

ゴマドレッシングがオススメです!

集中保湿でお肌をケア

日焼けした肌は、乾燥している為、いつも以上にしっかりと
保湿ケアを行うことが大切です。

瞬間的な保湿でははく、長時間集中して潤いを維持することで
肌リズムを正常に整え、みずみずしいお肌へ導きます。

「生コラーゲンパック」ならではの24時間、濃厚保湿ケアがおすすめ!

 

まるまるコラーゲン

シミ予防の第一歩は「日焼け止め」

実は、あまり知られていないことですが、
日焼け止めは、使用量を守らないと

期待どおりの効果が出ないことを
知っていましたか?

日焼け止めを選ぶとき、よく目にする

「SPF」
「PA」

これらは紫外線をカットする力
いわゆる、紫外線防御指数です。

日焼け止めにあるSPFの数値は

皮膚1c㎡に対のし2mgの日焼け止めを塗った時の

効果として測定されています。

正しく使わないと効果が半減するので注意が必要と
よくいわれています。

                                 

日焼け止めは表示の意味をしっかり知って用途に合わせて選ぶ

「SPF」と「PA」の違い

紫外線防止指数(紫外線をカットする力)

SPFとは

紫外線B波をカットする能力です。

SPFは、紫外線B波をカット 
し、サンバーンが
起きるまでの時間を引き延ばす力を表す数値です。

通常、日本人は約20分間紫外線を浴びると
サンバーンを起こすと言われています。

「SPF2」の表示の日焼け止めは、その時間を
2倍の40分まで引き延ばすことができる
という意味です。

例えば
「SPF3」であれば3倍に延ばすことができるという意味です。

平均的には紫外線を浴びると約20分前後でサンバーンを起こす
といわれています。

※皮膚1c㎡に対のし2mgの日焼け止めを塗った時の
効果を考えた時の量は

顔全体に塗るとすると500円玉大くらいの
量になります。

紫外線対策キャンペーン実施中のサイト紹介

万全の紫外線対策キャンペーン

「SPF値」は、紫外線B波をカットする力を数値で表したもの。

紫外線B波は
サンバーン(肌が赤くなってヒリヒリする状態)
を起こす紫外線で、

これを通常の状態と比べ塗った状態で
サンバーンを起こすまでの時間を
何倍に延ばせるかという目安です。

数値2~50で表示
数値が高いほど日焼け止め効果が高く強くなります。

紫外線対策にはファンデーションがおすすめ!

なぜ?

UVケア、紫外線対策に、
通常、日焼け止めを使っている人は多いと思います。

紫外線が肌老化を促進させることは知っているとおもいます・・・

予防する為、顔だけでなく
日常的なボディのUV対策もしている?

でも、こんなにたくさん顔に塗れますか?
顔全体がギトギトになってしまいますよね!

たいていはその半分~5分の1程度しか塗っていない
人が多いようです。

つまり、今 現在塗っている量の何倍も多く塗らないといけない
ということです。

「それじゃ どうするの?」
「どう対策すればいいの?」

って思いますよね。

あまり塗ってもベタつくいて困りますし
肌への負担だって大きくなります。

そこで日々のUV対策としておすすめなのが
ファンデーションを活用することです。

ファンデーションがおすすめなのです。
ファンデーションだけでも日焼け止めになるのです。

「ファンデーションでいいの?」
本当!?って聞こえてきそうですが本当なのです。

ファンデーションには、UVカットの効果があるのです。
特に、UVケア用のものではなくても十分です。

ファンデーションや粉おしろい(パウダー)には
紫外線錯乱剤と同様の効果があるので、日常のUV対策は
それだけで間に合います。

日焼け止めを厚塗りするよりも、
当然、肌への負担も少なく
確実に、UVカットができます。

なかでも、パウダータイプのファンデーションがおすすめです。
肌にやさしく、また、UVカット効果も高いのです。

※日焼け止め配合の化粧下地を使っている人も多いようですが
これも薄く塗ったくらいでは、あまり効果が期待できません。

下地を使わなくても、肌のは問題はないはずですので
洗顔後に化粧水美容液で保湿をして、直接パウダーの
ファンデーションをつけたほうが効果がでます。

10分程度時間をおき、基礎化粧品が肌になじむのを
待ったあと、パウダーファンデーションをつけると良いですよ!

是非、肌への負担軽減になりますので試してみてください。
ファンデーションがおすすめですよ!

「PA」

PAは紫外線A波をカットする力です。
表示は数値ではなく「+」の数で効果を表します。

1~3段階で表示されます。
「+」は真皮まで到達し黒くなるまでの時間を
2~4倍に引き延ばせるということです。

「++」は4~8倍、「+++」は8倍以上ということです。

日常で使うなら「++」程度のもので十分です。
紫外線が強く浴びる時間が長くなる場合のみ(海や山)
「+++」を使いましょう。

実は、こちらの対策のほうが重要で
肌への影響はA波のほうが重大です。

A波は浴びてもヒリヒリしたり、
皮がむけることはありません。

時間がたつと黒っぽい色素沈着が起こりシミとなります。

肌の深部まで到達し、
くもりの日でも室内にいても影響を受けます。

もっと詳細に

A波は真皮にまで到達し、活性酸素 をつくりだします。
また、肌のハリや弾力のもとである
コラーゲン線維や弾力繊維を変形、
破壊しシミやたるみを引き起こす原因をつくります。

いろいろ化粧品やサプリ等を使い、
せっかく、コラーゲンヒアルロン酸を補給しても
簡単に、しかも毎日破壊していってしまうのです。

そのほかにもCheckしたいこと

■紫外線吸収剤

紫外線を吸収して熱エネルギーに変える作用を持つ化学物質

紫外線A波の吸収剤に

代表的な成分にはパルソールA、メキゾリルSX

紫外線B波の吸収剤に

桂皮酸、オキシベンゾンがあります。

紫外線を吸収する際に肌の上で化学反応を起こす為、
刺激があり、肌に負担をかけるデメリットもあります。

■紫外線錯乱剤

紫外線を肌の上で反射する物質

酸化亜鉛、酸化チタンなど金属を酸化させたもの

カオリン(陶土)呼ばれる細かい粘土質の粉などから
できているもので、
これらが肌の上に膜をつくり、紫外線を跳ね返えします。

紫外線吸収剤より肌に優しいのですが、
粉っぽくなったり、
乾燥する原因になったりすることがあるようです。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析