スキンケアを正しく行えてますか?シミ・美白対策のポイントは予防から。年齢より若くみえる肌を手にいれる!30代からの本当の美肌スキンケア。その為の正しいケア方法を知り、白く美しい肌を手にいれる!

肌しくみ

肌のしくみ

あなたは自分の肌のしくみを知ってますか?

肌の調子が悪い時、すぐに化粧品を買い換える人がよくいます。

美肌への近道もそうですが、自分の肌について
きちんと知ることが、まず、最優先であり、大切です。

やみくもに、いろいろ試すより美しい肌は自分自身で
とケアしていくものです。

自分の肌につけている化粧品の成分

肌への効能

少し難しいと思うことも、めんどうくさがらず知ってください。

肌はこんなふうにできている

表皮とは

皮膚のもっとも表面にある部分です。
いちばん表面の皮膚を角質(角質細胞)と呼びます。
角質層には約30%の水分を含んでいます。

その下の生きた細胞(表皮細胞)
外部刺激から守り、内部の水分が蒸発しないようバリア
の働きをしています。いわゆる角質のバリア機能

古くなった角質は、垢となって脱落していきます。
ターンオーバー

角質層と違って

表皮細胞は約65%の水分でできています。
摩擦などの外的刺激を神経に伝達したり、アレルギー反応を
起こしたり、生きたひとつの臓器です。

基底層

基底膜を通して真皮にある血管から栄養や酸素を受け取り
新しい表皮細胞を生み出しています。

この基底層には、紫外線に反応してメラニンをつくりだす
メラノサイトがあります。

表皮は、顔で2ミリほどの厚さ
約28日間かけて生まれ変わります。これをターンオーバー
呼びます。
ただし、年齢とともに加齢で遅くなり、この層も薄くなります。

メラノサイト

メラニンをつくりだす色素細胞です。

真皮とは

表皮の下の部分にあたり、約70%はコラーゲンと呼ばれる線維で
できています。

コラーゲンは真皮の中に網目状のネットワークをつくる

真皮の弾力を維持しています。
コラーゲンのところどころにエラスチンという別の繊維があり
コラーゲンの構造を支えるように働いています。

これらの繊維が古くなり弾力を失うことが
シワの最大の原因です。

埋め尽くすように、ヒアルロン酸が取り巻く

ゼリー状の物質が存在し、真皮の水分を守っています。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FXで良く聞く用語 QLOOKアクセス解析